高く売れる不動産

 

高く売れる不動産と売りにくい不動産の特徴

 

不動産を売却する際には誰しも「なるべく高く売りたい」と考えるものですが、そうはいっても実際に売れる不動産の全てが高いというわけではありません。

 

もちろんごく稀に売却主の希望する価格どころかそれ以上の価格でもあっという間に買い手がつく物件というものもあるのですが、それ以上に強気な価格設定が原因でいつまでも売れないまま手元に残るという物件は多いものです。

 

では高く売れる物件と売りにくい物件の違いはどこにあるのかというと、まず大きいのがコストの存在です。
不動産物件は基本的に売値を決めて、買いたいと考えている人がその値段と実際の物件の姿を見比べて「それだけの価値はあるかどうか」ということを見極めていくことになります。

 

比較的新しい物件であればここで買った方が最終的にはお得だという判断に繋がりやすいのですが、築年数が経過していると修繕のコストがかかるだろうと見られてしまいますし、これまで複数の物件を見てきた目の肥えた人は「一旦検討する」という形で話を持ち帰ってしまいます。

 

話を持ち帰った後で買うと決めてくれれば良いのですが、おおよその場合は多少条件が悪くとも修繕コストがかからない比較的新しい物件を買ってしまいますので、結局築年数が経過しすぎていて修繕を考えるとコストが見合わないと判断されてしまうわけです。

 

加えて同じ地域で複数の売り物件が出ている際も限られた顧客を複数の物件が奪い合う形になりますから、売りにくい不動産になってしまいます。

 

特に集合住宅などだと基本的にはどの物件も同じ条件での競争になりますので、価格を引き下げて対応するか仲介会社に協力をしてもらうしかありません。

 

また案外見落とされがちですが「売主が自身の不動産を過大評価している」というケースもそれなりに多く見られます。
特に不動産会社からアドバイスされた価格を無視して強気の価格設定をしてしまうと、結局相場よりも高い割に魅力が無い物件として扱われてしまい、選択肢から早々と除外されてしまうことにもなりかねません。

 

不動産は高く売りたいものであるとは言え、製薬にならなければ意味は無いですからバランスを考えて判断しましょう。