相続による不動産を売却

 

相続による不動産を売却する時に知っておきたいこと

 

人生には、予期せぬタイミングで大きな財産や不動産を手に入れる機会が訪れます。その1つが相続であり、自分自身でなくとも父母や祖父母、近しい親戚が所有していた財産や不動産が、あるとき突然遺産という形で自身に残されたとき、どのように対応すればよいのでしょうか。

 

まず、相続で不動産を所有することになった場合にやらなければならないことが、相続人全ての把握です。単独でその資産を相続することになったのか、はたまた複数人の相続人がいるのかによって、名義をはじめとした手続きが変わってきます。複数人の相続人によってひとつの土地や建物を所有、居住、管理することは困難であるので、一般的にはそれを売却して均等に分けるといった対応がとられています。その対応が面倒だからと放置してしまえば、誰も住んでもいない土地、使ってもいない建物に固定資産税がかかってしまい、それを相続人全てでまかなわなければなりません。そのため、売却を決定したなら、いち早く行動に移すのがポイントであると心得ておきましょう。

 

また、相続による不動産の売却時に是非知っておきたいのが、不動産の価値です。売却には、相続人における相続登記が必要となるので、そのタイミングで、ぜひ土地や物件自体の価値を把握しておきましょう。公にも土地の評価額が公開されているのでそれを参考にしたり、実際に土地建物取り扱い専門業者に査定を依頼するのも有効です。相続した土地や建物の本当の価値を知り、売り急ぐ、売り渋るなどの無駄な手間をかけないことも、売却時の大切なポイントです。

 

相続による不動産の売却においては、相続税の申告期限から3年以内であれば後の所得税および住民税が緩和されることになります。つまりは、故人がお亡くなりになった日付から換算して3年10ヶ月以内の手続きであれば、ある一定の条件を満たすものに限り相続税の一部分を不動産取得費と見なしてもらえるので、少しでも無駄な出費を抑えることができるのです。