離婚をきっかけに不動産売却

 

離婚が原因となって不動産売却する時のポイント

 

結婚をした時は一戸建てやマンションなどの、不動産を購入することが多いです。
そのため離婚をする時はその権利関係がややこしくなりやすく、特に売却をする時に大きな問題になることがあります。
離婚をした時の不動産に対する権利は、夫婦として暮らしていた間に得たものが対象になります。

 

例えば親から遺産で受け取った家に住んでいた場合は、その遺産を受け取った人物しか土地や建物には権利がありません。
全く無いというわけではないのですが、夫婦で積み上げた資産でないものは離婚をした時に請求できないことが多いです。
そういう所があるので離婚をする時に土地や建物を売る場合は、その物件をどのような形で手に入れたのかを考える必要があります。
そのようなことについてよく対策をしておけば、離婚をする時に不動産の問題でもめなくてすみます。

 

また離婚をした時に土地や建物を売る時は、ローンがどうなっているかについても調べておくことが重要です。
不動産を買う時はローンを組むことが多いですが、そのローンの返済が終わっていない場合は問題になりやすいです。
建物や土地を購入した時のローンは、離婚をしても残るので対応が必要です。

 

その場合土地や建物を売った時の金額が、ローン残高よりも大きいならば売ってしまって返済したほうが楽です。
離婚時の不動産のローンの問題は非常にややこしく、それがいろいろな問題になることが多いです。
そういう問題を考えるとローンは離婚をするときに返してしまい、借金のない状態にしておいたほうが安全です。
また建物などのローンが不動産を売った金額よりも大きい時は、対応が非常に難しくなります。

 

夫婦でローンを組んだ時は連帯保証人になっていることがよくあり、離婚をしてもローンの支払い義務が残ることが多いです。
そういう問題があるので土地や建物の価値よりも、ローン残高のほうが大きい時は慎重な対応が必要になります。
その場合は弁護士などの第三者に関わってもらい、問題が起こらなように処理をした方がいいです。