不動産オークションで不動産を売る

 

不動産オークションで不動産を売るメリットとは?

 

今まで不動産を売却したいと思った時は、近くの不動産屋さんに出向き売却手続きを取ったのち買い手が出るのを待っているだけでした。ですが最近ではネットオークションを使って売却を行う事が出来るようになりました。
ネットと聞くと怖いというイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はネットオークションを使った場合のメリットをご紹介します。

 

不動産ネットオークションとはその名の通り不動産をネット上で売買するオークションです。
これまで、対面で購入するしかなかった不動産の売買をインターネット上で行うというものです。
不動産取引の場合、通常の取引と比べて金額が多額になるため購入者がある程度限定されてしまいます。

 

そのため、町の不動産業者に依頼したのでは購入者を見つけ、売却できるまでにかなりの時間を要する場合が多いです。
しかし、ネットオークションでは、購入者に販売情報を直接伝える事ができますし、何より今まで限られた人にしか開示できていなかった情報を日本全国に発信することができますので販売対象が格段に広がります。

 

購入者が増えれば価格も良い値段が付く可能性が高い為購入候補者が増えるというのが不動産オークションの最大のメリットといえます。

 

また価格についてもメリットがあります。

 

今までの方法では基本的に、購入意思を提示した順に購入者と売却者が価格交渉を行っていくため、売却する側としてはほかのお客さんの方がもしかしたらもっと高く売却できる可能性があるかもしれないといった気持ちを抱えて交渉に挑む必要があります。

 

また逆に前回のお客さんの方が良い値段を提示してくれていたというケースもあります。
その点、ネットオークションでは価格面でのモヤモヤが解消できます。

 

ネットオークションでは、購入者が価格をどんどん上乗せしていきますので最終的な落札者が一番良い値段をつけてくれているというのが判断しやすいです。そのため、公平な価格で売却することができます。
まだまだ普及しだして間もないため嫌煙されがちなオークションですが、メリットもあるということを頭に入れておいてください。