不動産売却時の費用

 

不動産売却時にかかる費用について

 

不動産を売却する時には、何も費用をかけることなく、売ったお金が全て手に入るようにはなっていません。諸費用がかかるようになります。希望通りの金額で売れたとしても、諸費用分を引くと、意外にも低い金額で売れたことが判明する場合もありますから、事前に諸費用についてよく確認しておきましょう。

 

まず、仲介手数料がかかります。これは不動産会社に仲介をしてもらうことで、物件が売れた時に会社に支払うお金になります。支払いが発生するタイミングは、利用した会社によって違います。売却が成立した時に支払ったり、物件を引き渡す時に支払うことが多くあります。

 

仲介手数料は会社が独自に決められるものではなく、公的に上限額が定められています。そのため、法定仲介手数料などといわれます。上限額は200万円以下の契約であれば5%、200万円超〜400万円までなら4%、400万円超で3%です。あくまでも上限額ですので、これよりも低い仲介手数料に設定している会社も存在します。

 

印紙代も諸費用に含まれます。売買契約書には、契約金額に応じた収入印紙を貼り付けることが義務付けられています。普通だとこの印紙代は、物件の売り主と買い主とで折半する形で支払います。貼り付けるのは、契約書原本になります。

 

印紙税は1万円未満であれば非課税ですが、不動産売買が1万円未満になることはまずありませんので、印紙代が必要であることを前提に契約を行いましょう。100万円超〜500万円までなら2000円、500万円超〜1000万円までなら1万円です。
売却時に物件の権利を抹消するするための、抵当権抹消登記の費用がかかります。

 

売却した所得は譲渡所得に該当しますので、その金額に応じた所得税や住民税が発生します。これらの税金は特例措置で軽減される場合がありますから、詳しくは不動産会社や税務署などに尋ねてみましょう。

 

この他にも、リフォーム渡しや更地渡しなど、必要に応じてこれらの諸費用がかかるようになります。