「買い取り」と「仲介」の二種類

 

不動産売却における「買い取り」と「仲介」の違いって?

 

不動産売却の際にはその方法として「買い取り」と「仲介」の二種類が出てくることになります。
不動産売却の方法としては大きな違いがありますから、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

まず「買い取り」という方法についてですが、これは不動産買い取り会社などがその売却に出そうとしている不動産を買い取る方式です。

 

この方式のメリットは何よりも早さにあります。
売却の際は買い手がつくまで待たなくてはなりませんが、こちらから買い取りの話を持ちかければまず話は聞いてくれますし、物件がよほど酷い状況で価値も無いというような状況でなければ高確率で買い取ってもらうことが出来ます。

 

ただデメリットとしては取引時の価格の安さがあり、相手も利益を出さなくてはならない以上相場よりも下の価格で買い取りになることがほとんどです。

 

時間に余裕が無い人には非常にお勧めできる方法ですが、時間に余裕がある人やなるべく高額で売りたい人にはあまり向いていないと言わざるを得ない方法でもあります。

 

対して仲介の場合ですが、これは不動産会社に物件を見てもらい、その不動産会社が買い手を探すという方法になります。
一見すると買い取りとの差が分かりづらいですが、ポイントとなるのは「不動産会社は取引を仲立ちするだけである」というところです。
最終的な売却の判断は自分にありますので、価格や引き渡し時期などの交渉を自分が行うことが出来る、したがって状況によっては相場価格よりも高い価格で売れる可能性があるというのがメリットです。

 

しかしこの方法は買い手がつくまで物件を現金化することが出来ず、物件の魅力が伝わらなかったり価格設定が高すぎたりするといつまでも買い手がでてこないことがあり得るという大きなデメリットも抱えています。
そのため時間に余裕が無い人は活用しづらい方法であると言えます。

 

不動産売却の際にはそれぞれの方法をしっかり理解し、自分にとってメリットの大きい方法を選ぶようにしましょう。