両手仲介とは、不動産の売買を一つの仲介業者で完結させることを指します。

 

不動産売却における不動産会社の「両手仲介」の解説

 

仲介業者は多くのネットワークを持っています。売却したいと思えば仲介業者に相談をすることになりますが、買いたいと思っている人もやはり仲介業者を利用します。双方の利用する仲介業者が偶然にも同じである可能性もありますが、そうではない場合もあります。それはケースバイケースだと言えるでしょう。どちらも仲介手数料を支払うことになるのですが、異なる仲介業者を利用していた場合には、それぞれが利用している仲介業者に仲介手数料を支払うことになります。

 

同じ仲介業者を利用する場合を両手仲介と呼ぶのですが、この場合には売買が成立すると、買い手も売り手もその仲介業者に対して仲介手数料を支払うことになります。仲介業者としては、ダブルで仲介手数料を受け取ることができますから、こちらの方が経営には有利だと言えるでしょう。そのために、できることなら両手仲介をしたいというインセンティブが働きます。

 

両手仲介が法的に何らかの問題があるわけではありませんが、価格形成が不公正になりやすいという問題点があります。売却しようと思ったときに、できるだけ高い価格で買取ってくれる人を探す必要があるわけですが、それをするためには多くの買い手に対して情報を公開する必要があるでしょう。しかし、両手仲介を求める仲介業者に相談をすると、自社の顧客のみに情報を公開したいというインセンティブが働きます。

 

もしもほかの仲介業者を利用している買い手がいたとして、その人ならもっと高く買ってくれたかも知れません。このような場合であっても、仲介業者はできるだけ両手仲介に持ち込んで、仲介手数料を二重に受け取ろうとするわけです。このように考えていけば、両手仲介の問題点が分かると思います。仲介業者のスタンスを否定することもできますが、利益を求める営利企業である限りは、これは当然のこととも考えられ、制度自体に問題があると考えられるのです。