不動産屋が行う広告活動

 

不動産売却で不動産屋が行う広告活動とは?

 

マンションなどの不動産物件を処分する方法として、よく利用されているのが売却です。売り主としてはできるだけ高く売れてくれると助かりますが、これは不動産業者も同じ考えです。高く売れるほど手数料が多く手に入るようになりますし、よく売れれば評判が上がり、利用者が集まるようになるからです。

 

不動産業者が依頼を受け、物件の売却を行うときには、多くの人に物件の存在を知ってもらうための、様々な広告活動をします。
広告活動は、4種類にわけられます。

 

1種類目が、不動産流通機構への登録です。ここへ登録すると物件の情報が全国の不動産業者に知れ渡るようになり、物件を探している人の元へ、情報を提供できるようになります。こうすれば、より多くの物件探しをしている人に知ってもらえるようになり、売却に至る可能性が高まります。

 

2種類目が、店頭での情報掲示や、ダイレクトメールによる宣伝になります。業者の店舗には、物件探しをするためにお客さんがやってきます。訪れたお客さんに物件の存在を知らせるために、窓ガラスなどに物件情報を記載したチラシなどを、貼り付けて宣伝することがよくあります。

 

ダイレクトメールは、宣伝用のはがきや手紙などを各家庭に郵送するやり方です。エリアを決めて送付したり、見込み客へ送付するなどのスタイルがあります。郵送ではなく、不動産業者のスタッフなどが各家庭を回ってポストに投函する、ポスティングの方法もあります。
3種類目が、新聞の折込広告です。ある程度広い地域の大勢の人に、見てもらう宣伝として効果があります。早く売却したい時に、有効な手段です。

 

4種類目が、インターネット広告です。契約をした業者の公式サイトにて物件を紹介したり、不動産物件を多数取り扱う、規模の大きな情報サイトなどで紹介してもらうやり方です。この方法は、自分から情報を求めるタイプの相手に有効なやり方です。物件を購入する強い希望を持っている相手が多く、条件のよい物件が売れやすいという特徴を持っています。