不動産売却する前に引越し費用などいる場合どうすれば?

 

不動産売却する前に引越し費用などいる場合どうすれば?

 

いざ不動産を売却すると決めても、その後の住居が確保できていなかったり、引越しにかかる費用などが、大きな負担となってしまう場合があります。住む場所を移すということは、生活基盤をかえるということであり、様々な費用がかかってしまうものです。

 

不動産を売却したいが、そうした初期費用が用意できず、どうしたら良いわからない、ということもあるでしょう。任意売却の交渉によっては、引越し代を確保することが可能な場合があります。

 

任意売却の交渉で、得られる可能性がある諸費用は、引越しにかかるコスト、残置物の撤去費用などです。すべてのケースでそうなる、と決まっているわけではありませんが、こうした融通がきくことが多くあります。

 

引越し費用の負担については、そもそも債権者側には支払い義務はありません。しかし、不動産を売却する側には、様々な事情があるのが一般的ですから、そうした状況を鑑みて、債権者側が融通してくれる、というものです。すみやかに取引を行うためでもありますが、基本的には債権者側の善意によってなりたっているものであり、交渉次第では断られてしまう可能性もありますので、注意が必要です。また、オークションなど競売による取引では、こうした慣習がそもそもあまり浸透していない傾向です。一般取引でも、売る側に貯蓄があったり、経済的に余裕がある場合は、引越し代が配分されないことも多くあります。

 

一般的に、どの程度の金額が引越し費用として配分されるかというと、大体10〜30万円程度が、相場だといわれています。しかし上記にもある通り、この配分は法律で規定されているようなものではありません。あくまで慣習ですので、その金額もはっきりと定められてはいません。これより多い、あるいは少ないということもありますので、あまり「確実に入る金額」として計算に入れないほうが良いでしょう。取引をスムーズに行うためにも、あらかじめある程度の余裕を持っておくと安心です。