不動産の訪問査定と机上査定

 

不動産の訪問査定と机上査定のメリット・デメリット

 

机上査定とは、物件の近隣相場や取引事例などのデータからわかる情報だけを元に査定を行う方法です。かかる時間は、業者によって様々ですが、長くとも2時間あれば結果が出ることが多いようです。

 

メリットは、不動産会社の担当者の訪問を受けずにインターネット上だけでスピーディーに結果が出せることです。しかし、物件には実際に見てみないとわからない情報もたくさんあります。周辺環境、日当たりや風通し、共用施設など、実際に見ないとわからないことが価格に反映されないため、売り出し価格が実際の物件の価値と大きくかけ離れてしまうことがあるということがデメリットです。

 

訪問査定とは、不動産会社の営業マンが実際に物件をその目で見て価格を出す方法です。当然ですが、こちらの方法の方がより精度の高い価格が算定できます。しかし、営業マンが訪問するための時間をつくらなければいけないこと、近隣に売却予定がバレてしまう可能性があることがデメリットです。

 

机上査定では、根拠とするデータがほぼ同じになるため、どこの業者に依頼しても結果に大きな差は生まれません。しかし、リフォームをして防音室を作っていたというケースなど、特殊な物件を売りさばくには不動産会社の力量が大きく出ますので、不動産会社の自信が価格に反映されることもあります。また、マンションを得意とする会社、一戸建てを得意とする会社など、会社によって得意・不得意があります。まずは机上査定をしてみて、不動産会社によって金額に差がでるかどうかを確認してみるとよいかもしれません。

 

訪問査定では、営業マンによって見るポイント、重視するポイントが異なるため、金額に大きな差が出ることがあります。「本物の査定力」が現れるのはこちらです。数百万円の差がでることもあります。

 

しかし、最終的な販売価格は売り主が決めることです。売り主が望めばいくら高い値段をつけてもよいのです。そして、売れるかどうかは買い主が決めることです。査定の金額はあくまで参考程度にしておきましょう。