不動産を売ろうか貸そうか迷った時

 

不動産を売ろうか貸そうか迷った時の判断ポイント

 

不動産を売るべきか、あるいは誰かに貸すべきかを迷うという場合、どのように決断するのが最善の策なのでしょうか。それぞれの状況によって異なりますが、基本的にはまず金銭的な問題と自身のライフプランを重視して考えましょう。始めに金銭的な問題を取り上げます。家を賃貸に出す際の支出として、修繕、クリーニング費・仲介手数料・管理費・固定資産税などの税金と場合によっては住宅ローンの残債があります。

 

一方、収入は家賃収入、敷金・礼金、更新料があります。売却をする場合の支出には、修繕、クリーニング費・仲介手数料・登録費・売却益が出た際の所得税・収入印紙代などの他に、ローンの残債があればその費用があげられます。収入として家の売却代金を得ることができます。賃貸であっても売却であっても、それぞれに収入と支出が出てくることになります。そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。不動産を売るか貸すかはどちらがより収益が見込め、得であるかを考えて決めることをお勧めします。売却の際にはお金の移動は売却時に生じるのみとなりますが、賃貸の場合には毎月お金が動き、さらにクライアントの出入りによっても金銭の動きが生じてきます。また、賃貸に出す場合には予定していた賃料が入ってこないというリスクも生じてきます。このような金銭に関する問題を解決するための手助けとして、不動産の査定サービスを利用されるのも良いでしょう。

 

賃貸に出した場合に見込める家賃収入と売った場合の売却額がどのくらいになるのかがわかれば問題解決に一歩近づくからです。現在は多くの会社が不動産査定サービスを行っています。次に、金銭の問題と同時に自身のライフプランも考慮してみましょう。ライフステージの中で今後その家にに住む予定がないのであれば、立地などに応じてできるだけ早い段階での売却をお勧めします。なぜなら、賃貸にするという場合、借り手がつかなければ収入を見込むことができないからです。また、空き家のままで放置すればするほど不動産の価値は下がると考えられるからです。