仲介業者との媒介契約

 

不動産売却での仲介業者との媒介契約について解説

 

不動産を売却するときには、普通は仲介業者にいろいろな業務を委託することになります。そのときにはサービスの内容や報酬について取り決めを行って契約を結びます。この契約が媒介契約です。媒介契約には専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3つの種類があります。

 

一般媒介契約は複数の仲介会社と契約を結ぶことができるというメリットがあります。複数の仲介業者と契約を結ぶ際には、ほかにどの業者と契約を結んでいるのかを明示する必要があります。もしもこれを明示していなかった場合には違約金を支払わなければならないこともありますから注意が必要です。多くの情報を流通させたいときに適しています。

 

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、一つの仲介業者として契約を結ぶことができません。もしもほかの業者の媒介によって取引が成立したときには違約金を支払わなければなりませんから注意が必要です。専任媒介契約の場合には、ほかの仲介業者と契約を結ぶことはできませんが、自分で買い手を見つけてきたときにはその買い手に対して売却することは可能です。この場合に営業費用などを支払わなければならないことがあります。専属専任媒介契約の場合、自分で買い手を見つけてきた場合でも、取引を成立させることはできず、営業にかかった経費を支払う必要が生じたり、高額な違約金を支払ったりしなければなりません。基本的には自分で見つけてきた買い手に売ることはできないと考えておいた方が良いです。

 

契約はこの3つの種類がありますが、どの場合にも契約期間は3ヶ月となります。それを超えて契約を継続しようと思っているのなら、契約の更新をすることもできます。また、3ヶ月を超えた場合には契約を解除できて、その後にはほかの契約を結ぶことも可能です。ですから、時間的に余裕があるのなら、まず3ヶ月の間だけ契約を結び、それでうまくいかないと感じたのなら、その後に別の契約を結ぶと言ったことも可能です。